JDBな人生  専門的なことから日常的なことまで~ まぁ自由きままに書いていきます。
2017年03月 / 10月<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>11月

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
364位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
46位
アクセスランキングを見る>>

情報セキュリティスペシャリスト

お久しぶりです。
色々と書きたいことはありましたが、そのうちでいいやと放っていたら、年末になってしまいました。
その中から一つだけ。

10月中旬に、情報セキュリティスペシャリストを受験してきました。
IPAのサイトから概要を持ってくると、「情報システムや組織に対する脅威や脆弱性を評価し、技術面・管理面での有効な対策を遂行できるセキュリティエンジニアや情報システム管理者を目指す方に最適です。」だそうです。
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/sc.html

まあざっくり言えば、企業で情報システムを構築するときに安全性をどう確保するかとか、ウイルスやら攻撃やらのトラブルに見舞われたとき、何を根拠にどのようなオペレーションを行うかとよいかだとか、そういう知識をみる検定です。

試験はマークシートの午前1試験・午前2試験に加え、短文記述の午後1・午後2試験の4パートで構成されます。

どうして受験したかといえば、特に理由はない…といいますか。強いて言えば、応用情報(レベル3)の上位の試験(レベル4)の中で、一番簡単な区分という話だったからです。それに肩書きだけ見れば(?)なかなか響きは悪くないですし…
#ただの資格マニアみたいな状態になっていますね。

去年の4月に下位試験の応用情報技術者を受験・合格していたので午前1は免除でしたが、それでも一日に3回もテストを受けるというのはなかなか疲れるイベントです。

受験会場の雰囲気は、なんというか、「上司に言われて嫌々受けてるのかなあ…」と思えてしまうような、なんとなく元気のないように見える中年の男性が多かったような気がします。どうなんでしょう。他の人の受験動機は何なのでしょうか。

さて、結果としては合格で、午前2が92点、午後1が82点、午後2が69点でした。
Screenshot_2015-12-18-12-07-18.png

「合格率10%台で、応用情報受験者でも結構落ちる難関試験だ」みたいな書き方がされていましたが、いうほど超難関というわけでもなかったみたいです。

でも合格したからといって「情報セキュリティのスペシャリストです!!!」と大々的に言えるかというと微妙ですよね。
平均的なPCユーザと比べたらそれはまあ上なんでしょうけど、それをこの資格で裏付けることにどれだけ意味があるのかはよくわかりません。
#まあないよりはあったほうが、いつか何かで役立つかもしれませんし…

簡単に試験対策を書き留めておきます。
今回の主な勉強道具はこちら。
IMG_0164.jpg

他のIPAの試験にも共通しますが、マークシートの問題の対策は例によって簡単で、ひたすら過去問を解けば大丈夫です。今回はテキストについていた午前1・2の演習ソフトを使いました。過去数年間の分からランダムに問題を出題してくれるソフトです。

午後については、(1)テキストに一通り目を通す、(2)応用情報のテキストも読み返して基礎知識を復習をする、(3)ひたすら問題演習、という具合です。ちなみに問題はテキストに付属のCDから印刷しました。IPAのサイトのものより見やすかったです。

そこでなかなか役立つのが、原稿用紙です。一冊200円くらいで売っているこの原稿用紙があるのとないのとでは、記述問題のやりやすさが全然違います。手元に無ければ、その辺のコピー用紙にWordの方眼レイアウトを印刷しても良いと思います。
過去問の解説本などは特に購入しなかったので、解答の解説はありませんでしたが、問題文をじっくり読み返して意図を考えれば、だいたいの誤答は自己解決できました。IPAのサイトに問題の講評があるのでそれを参考にするのもありです。
総学習時間としては50時間くらいだと思います。

2015年も残り2日。
また何か思い出したら更新します。

でも更新しないかもしれないので
みなさん、よいお年を。
スポンサーサイト
   その他パソコン全般    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

SanDiskの"Extreme"なSDHC

先週、デジカメ用にSanDiskの"Extreme"というSDカードの製品を購入しました。
(前使っていた16GBのmicroSDHCはスマホで使っています)

これです。配色がなんか毒蛇みたいな感じですね。
P8290003_120725R.jpg
値段はAmazonで1680円でした。


どんなところがExtremeなのか、ということですが、まず規格はmicoSDHCのClass10。つまり、10MB/sの書き込み速度が保証されています。
メーカーHPによれば、
超高速:16-128GBは最大45MB/秒*、4-8GBは最大30MB/秒*の転送速度で、高速連写やPC等への高速データ転送を実現します。
とのことです。

そしてほかには・・・まあ続きはメーカーHPで読んでください。

サンディスク エクストリーム SDHC/SDXC UHS-I カード | サンディスク
http://www.sandisk.co.jp/products/sd-sdhc-sdxc-cards/sandisk-extreme-sdhc-sdxc-uhs-i-card


というわけで、実際に速度を測定してみました。

測定したのは、以下4つのmicroSD、microSD HC、SD HCの製品です。
・2GB メーカー不明 スピードクラス不明
・4GB 東芝 Class4
・8GB Team Class2
・16GB SanDisk Class10

結果:
graph2.png

(ほぼ)すべてのベンチマークテストで数値が一番高い、という結果に。それも結構速い。特にシーケンシャルライトの数値は突出しています。
いつもClass2やClass4のSDカードをのんびりと使っていた自分にとっては、なかなか驚きの結果です。
120823 SD Ex



ではこれが実際にカメラを使うときどう影響するか、ということですが…
測定した結果、1枚1枚撮影するだけでは、ほとんど差がありませんでした。

そこで、16枚の画像を連写する時の所要時間について、比較することにしました。具体的には、連写撮影終了後の「処理中」という表示が消えるまでの時間の長さです。
(解像度は4608x3456、1枚あたり約3.5MBです)

今度のグラフは、横軸が製品(上の測定が速かった順に並び替え、16GB,2GB,4GB,8GB)、縦軸が所要時間です。
graph.png

グラフがごちゃごちゃするのは嫌なので比較する数値はかなり少なくしてあります。
まあ要するに、SDカードの性能が高ければ、記録にかかる時間も少ない、ということです。(当たり前か)


今は全体的に値が下がっていて、Class2もClass4もClass6もClass10も同じくらいの値段だと思います。
数十円、数百円の差でしたら、速い方の製品を選んでみてはどうでしょうか。
   その他パソコン全般    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

Elecom製AC駆動のスピーカーを改造してみた

数か月前に、ELECOMのPC用スピーカーを購入しました。
購入したのはいいものの既にメインで使っているケンウッドのコンポがあるため、ずっと使っていませんでした。

色々あって外付けのそこそこ音の出るスピーカーが必要になり、このスピーカーの存在を思い出しました。
このままとっておいても永遠に使わない気がしたので、改造ということに。

とりあえずバッテリー駆動は最低条件なので、トランスの足元にケーブルを巻きつけて接続しました。
しかし問題は使う電源、最初は単3x3の電池ボックスを使いましたが、色々と考えた結果、ちょうど良い材料が揃っていたので以下の構成にしました。

P4010431_R120319.jpg

何か月か前の記事で紹介したカメラの予備バッテリーです。
そこに非純正充電器を組み合わせ、環境に優しい二次電池を使った構成にしました。
(充電は別の充電器を使っていますが、このままコンセントに挿しても充電できたりします)

音はそこそこの音質・音量で出ます。しかし少しかさばるのが難点です。

皆さんも、余ったPC用のスピーカーがあったら、持ち運び用(?)のスピーカーに改造してみてはどうでしょうか。

#余ったリチウムイオン電池って案外使えますね。
   その他パソコン全般    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

Windows 8ではロゴが本当に変わるらしい

先日、「ロゴが変わるかもしれない」という記事を書きましたが、正式に決まったようです。

Redesigning the Windows Logo
http://windowsteamblog.com/windows/b/bloggingwindows/archive/2012/02/17/redesigning-the-windows-logo.aspx

Win8Logo_01_thumb_23669D8A.jpg

It’s a window… not a flag

Paula asked us a simple question, “your name is Windows. Why are you a flag?”
(中略)
In some ways you can trace the evolution of the Windows logo in parallel with the advancements of the technology used to create logos.
(中略)
But if you look back to the origins of the logo you see that it really was meant to be a window.
(中略)
We did less of a re-design and more to return it to its original meaning and bringing Windows back to its roots – reimagining the Windows logo as just that – a window.

アメリカのグラフィックデザイナー、ポーラは、「Windowsというのに、どうして旗なんだ?」と尋ねたそうです。

技術の進歩により、Windowsやそのロゴはよりグラフィカルなものに変化していきましたが、「Windows」の意味するものはあくまで「Window = 窓」であり、「flag = 旗」ではありません。

原点に立ち返り、「window」をイメージした旗に作り直した、ということです。
   その他パソコン全般    TB(0)    CM(3)    EDIT    ページ↑

Windows 8のロゴは色一色で四角い?

Microsoft redesigns its logo for Windows 8 - The Inquirer
http://www.theinquirer.net/inquirer/news/2151951/microsoft-redesigns-logo-windows

Windowsのロゴには、4色の波を打つようなロゴが採用されてきましたが、Windows 8からは新しいデザインに変わるかもしれません。

microsoft-windows-8-logo-2.jpg


画像が本物かどうかはわかりませんが、この製品には新しいロゴが採用されています。
microsoft-windows-8-logo-on-a-tablet-150x150.jpg

「Metro UIに合わせたのではないか」というようなことがリンク元には書いてありました。
スラドのコメントにもありますが、「あえて地味なものに変える」というのもありかもしれません。
アップル社も昔はカラフルだったロゴをもっと地味なものに変えています。


以下、歴代Windowsの主なロゴとの比較です。

thumb_0B0559FD -  

080719_win31.png

1003112051.jpg

windows_xp.jpg

windows_vista_logo_2.jpg

microsoft-windows-8-logo-2 -2

確かにこのロゴは、古臭いわけでも派手すぎるわけでもなく、少しエレガントな感じがします。
IE9のロゴが落ち着いたデザインのものに変わったことを考えると、本当にこのロゴに変わるかもしれませんね。

#現時点ではあくまで可能性の話です
   その他パソコン全般    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

プロフィール

JDB Luigi

Author:JDB Luigi
どこにでもいるようなありふれた人間・・・という訳でもなく、かと言って怪しい宗教を信仰する変人という訳でも無い。

基本的に掲載しているコード等は煮ていただいても焼いていただいても結構ですが、利用は自己責任にてお願いいします。
また、バグ・アドバイス等もしあればよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。