JDBな人生  専門的なことから日常的なことまで~ まぁ自由きままに書いていきます。
2017年03月 / 10月<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>11月

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
425位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
64位
アクセスランキングを見る>>

iPhone5を買ってきた

昨日、市内のauショップへ行き、iPhone5の契約をしてきました。
今年の1月から使ってきた(月30分の無料通話分を使い切ることはほとんどなかった)通話用の日本通信の回線を、auへMNPしたものです。

その結果、自分の使っている端末は、Android 4.1 / SH-10D / docomo (BIGLOBE LTE) と、 iOS7/ iPhone5 / au (本家) という組み合わせになりました。

IMGP0030 - コピー_R130403

もともとiPhoneにはあまり興味がなかったのですが、これまで使ってきたiPod Touchが引退ということ、使っていた音声通話用のAndroidスマートフォンがあまりにも使いにくいということから、今回ショップが一括0円で販売していた機会を利用して乗り換えをしました。選定の理由としては、日本通信にこだわる理由もないこと、auのほうが家族との連絡を含め便利なところが多いということがありました。月間の維持費は1400円ほどになると思います。(もともと音声通話用に契約しているもののため)ちなみに乗り換える前は月1300円です。
外出先でインターネット接続を使用するときは、BIGLOBE LTEの回線を使用する予定です。(そうするとauの回線網に接続しながらdocomoの回線網を使用してインターネット向けの通信するという変わった構図ができますね。)
今月はひとまずLTEフラットの契約が続くのでauのLTE網を使用しますが、自分の生活圏での回線速度はだいたい10Mbps程度で安定しています。さすがよく整備されていますね。

話題の(?)iOS7の使い心地は、もともとフラットデザインが好みなので、これまでのものより良くなったような感じがします。(ほかのiPhoneユーザにとってどうなのかは知りませんが…)

ここ一日使ってみたところでの感想ですが、iOS7というのも、なかなかよくできたOSだなと思う場面がいくつもありました。しかし、「もうAndroidには戻れない」というほどでもなく、Androidを使ったときに、「やっぱりiPhoneのほうがずっと使いやすい」と思うようなこともなく、どちらもそれなりの完成度となっているのではないか、と思います。なにより、自分の普段使っているほとんどのアプリはどちらのOS向けにも用意されているので、不便な思いをすることがあまりないということもあると思います。どちらをメインに使っても良いかなあ、という感じですね。

開発環境については、自分の持っているパソコンはすべてWindowsで今後もMacを購入する予定はないので、やはりWEBでの開発が中心になっていくと思います。
#あまり関係ないですが、auスマートパスのiPhone向けのサービスがWEB上でのコンテンツとなっていたのには驚きました。アプリも動画系も、すべてのコンテンツがブラウザ上で利用できるというのには、少し近未来(?)的な感じがしました。ただ、「使いやすい」とは言えないものが多かったのが残念ですね。

どうでもいいようなことを長々と書いてしまいましたが、これからはiOS向けの記事も含めて書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
   その他情報端末関係    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

オリンパスのピックアップ修理を利用してみた

本日、修理に出していたオリンパスのSZ-30MRが修理から戻ってきました。

異変に気付いたのはゴールデンウィークが終わったあたりで、撮った写真の全てに黒い影が写っていることに気が付き…
P5030801_120725R.jpg

その時期以降からカメラを使う機会がほとんどなくなったということもあり修理に出さずに放置していましたが、今度また富士山に登るということで、修理に出してみました。

どのような日程だったかを紹介します。

※今回は、ピックアップ修理という、修理する機材のみ用意しておけば運送会社が梱包材を用意して運んでくれるサービスを利用しました。

7月18日 ピックアップ修理の申し込み
7月19日 商品発送
7月20日 見積もり確認
とここで、保証書を同梱し忘れたことに気付きました。(見積もり額は約11000円でした)

7月20日 見積もりについての問い合わせ
7月21日 問い合わせへの返答・保証書をFAXにて送信(修理代金は0円になりました)
7月24日 修理受付完了
7月27日 修理内容確認・発送
7月28日 修理品到着

見てわかる通り、ところどころ間があります。
最初から保証書を同梱していればもっと短い期間で済んだと思いますが、まあ自分のミスですね。。

サポートセンターの方にも手間をかけさせてしまいましたが、問い合わせへの返答もとてもはやく、対応についてはとても良い印象でした。

120729DSC_0343_120725R.jpg


しばらくスマホで写真を撮っていましたが、やはり、このカメラで撮った方がきれいです。
またPicture of the Dayのコーナーも更新しようと思います。
   その他情報端末関係    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

EidenでSDカードを買ってきた

エイデンからのDMにSDカードの割引券がついていたので、買ってきました。
I-O DATA製 4GB(Class4)で2パック980円です。

CIMG0955_R111119.jpg

パッケージと製品のデザインが微妙ですが、性能は良い方です。
111119SDカード

家族共用のカメラの予備のSDカードとして使うつもりです。
後は、耐久性がどの程度なものか。壊れたらまた記事を書こうと思います。
   その他情報端末関係    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

米企業、ピントをあとから合わせるカメラを製品化

ピントは後から合わせればいい──米企業、画期的なカメラを製品化へ - ITmedia ニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1106/23/news099.html
ピントは写真を撮った後で合わせればいい──米Lytroは6月22日(現地時間)、画期的なデジタルカメラを開発しており、年内に発売する予定だと発表した画角内の全ての光線を記録し、後からピントを修正したり、写真内の好みの被写体にピントを合わせるといったことが可能になるという。

これがその画像です。

左の画像は手前の赤ん坊にピントが合っていますが、右の画像は奥の女性にピントが合っています。
sk_lytro_05.jpg


↓のサイトで実際に試すことができます。(意外と楽しい)

Picture Gallery | Lytro
http://www.lytro.com/picture_gallery

ピンボケの解消だけではなく、オートフォーカスの調整時間もなくせるそうです。
(この技術があれば、撮影時の半押しも不要になるんでしょうか。)
   その他情報端末関係    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

スマホ新規購入者の半数はAndroidを選択/バンダイナムコ、Android市場へ本格参入/ソニー、Android3.0搭載端末発表

スマートフォンの新規購入者の半数がAndroidを選択――米Nielsen調査 - ITmedia ニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1104/27/news024.html

米調査会社Nielsenが4月26日(現地時間)に発表した月例の米スマートフォンOS市場に関する調査データによると、新規スマートフォン購入者(2010年10月~2011年3月の6カ月)の50%が米GoogleのAndroidを搭載する端末を選んだという。
新規購入シェアでは2010年7月からAndroidがトップを維持しているが、半数を占めたのは今回が初めてだ。米AppleのiOS搭載端末は25%、カナダのResearch In Motion(RIM)のBlackBerryは15%だった。

「スマートフォンの新規購入シェア(米)」
110427yu_nielsen1.jpg

iPhoneの25%を抜いて、堂々と「50%」占めています。

「次に購入したいスマートフォン」
110427yu_nielsen3.jpg

こちらでは、iPhoneが「30%」、Androidが「31%」です。

今後、アップルがどのように巻き返しを図っていくのか気になりますね。


バンダイナムコ、Androidに本格参入 独自マーケット「バナドロイド」開発 - ITmedia ニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1104/27/news049.html

バンダイナムコゲームスは4月27日、Android市場に本格参入すると発表した。ゲーム配信から課金システム、登録ユーザー情報の管理まで備える独自マーケット「バナドロイド」を今夏にもβ公開、秋に正式オープンする計画だ。コンテンツプロバイダー自らがマーケットを開設・運営することで、市場をけん引していきたいとしている。
Androidでは複数の独自マーケットからさまざまなアプリが配信されている一方で、気軽にアプリを探すことが難しくなってきているとして、コンテンツ提供会社自らが自社マーケットから配信することで「分かりやすく探しやすい環境を作り上げ、利用者の利便性向上を図る」としている。
他社へのマーケット開放も視野に入れている。

既にiPhone/iPod touch/iPad向けのコンテンツは制作しているようですが、App Storeに登録されているだけのようです。

この「Android市場への参入」では、コンテンツの配信・マーケット運営・課金システムまで管理できるシステムを作り、より利用者にとってコンテンツを探しやすくし、また事業のスピードアップなども図っていくとのことです。



ソニー、Android 3.0搭載タブレットを発表 - スラッシュドット・ジャパン
http://slashdot.jp/article.pl?sid=11/04/27/0758220

ソニーがAndroid 3.0搭載のタブレット「Sony Tablet」を発表した。日本を含む全世界で、2011年秋以降の発売となる。9.4インチ液晶を備えた「S1」と、5.5インチ液晶を2つ備えた折畳み型の「S2」の2モデル。
スペック等は明らかにされていないが、初代プレイステーションの「名作タイトル」などをプレイできる「PlayStation Suite」や、オンラインでのビデオ/音楽コンテンツ提供プラットフォーム「Qriocity」、電子書籍ストア「Reader Store」との連携なども考えているようだ。

ソニーも端末を発表しました。

年度初めにも記事で書きましたが、今年のスマートフォン・タブレット端末の市場もすごい戦いになりそうですね。
(Intelも新しいAtomを発表したそうですし)
   その他情報端末関係    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

プロフィール

Author:JDB Luigi
どこにでもいるようなありふれた人間・・・という訳でもなく、かと言って怪しい宗教を信仰する変人という訳でも無い。

基本的に掲載しているコード等は煮ていただいても焼いていただいても結構ですが、利用は自己責任にてお願いいします。
また、バグ・アドバイス等もしあればよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。