JDBな人生  専門的なことから日常的なことまで~ まぁ自由きままに書いていきます。
2017年09月 / 08月<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>10月

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
334位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
54位
アクセスランキングを見る>>

BTなG-SHOCKに任意の通知を送ってみる

先日、某CASIOのG-SHOCKシリーズの腕時計を購入しました。ただのG-SHOCKではなく、Bluetoothでスマートフォンと連携できる製品です。(型番はGB-5600Bといいます)
近ごろはスマートウォッチというものが話題になっておりますが、(そしてSONYやLGの製品などは1, 2万円台の腕時計とコスト的に張り合えるものになってきていますが、)それらの製品を選ぶ積極的な理由がないということで、スマホに毛が生えたようなスマートウォッチではなく、どちらかというと腕時計に毛が生えたようなこの製品を選びました。充電を忘れると使い物にならない腕時計なんて嫌ですし…
※まあこの製品も広義にはスマートウォッチなのでしょうが細かい話は省略しましょう。

さて、この製品、電話やSMSの着信時には、振動や通知音で知らせてくれます。スマホの通知に気づかないこともありますし、マナーモードで少し離れているようなときでも通知してくれるので、なかなか便利です。通知時には時計の画面を見れば発信者もわかりますよ。

ですが、それだけなんですよ。専用アプリに含まれている他の通知機能では、Twitter等の一部のSNSや、IMAPで独自に登録したメールアカウントもチェックはしてくれるんですが、それが5分おきだったり10分おきだったりして、通知が遅れるんですね。SMSは着信と同時にリアルタイムで教えてくれるのに、Twitterはだいぶ間が空いて来るわけです。

そこで、自作のアプリから任意の通知を時計に送れないかということで、実験をしてみました。

方法①Bluetoothで腕時計とペアリングしてごにょごにょして通知を送る
→ペアリングでいろいろとコードを書かないといけないし通信部分の仕様も非公開。面倒すぎるので却下

方法②SMSが来たかのように振る舞って専用アプリをだまし、通知を送ってもらう
→普通に作っていればBroadcast Receiverで実装しているはずなので、アプリから勝手にSMS受信時と同じBroadcastを送れば反応してくれるはず…と試してみたらうまくいきました。

IMG_20150325_170837~01
SMSが来たことになっているので「S」と表示されていますが、そこはお気になさらず。

Intentの情報として「発信者番号」「本文」の情報が必要になります。この発信者番号の部分を適当な電話番号(普段使わない範囲の番号の方が都合が良いので060始まりとかで良いでしょう)にして、その番号と表示名を電話帳に登録しておくと、腕時計にもその表示名が表示されます。上の写真は「テスト」と登録した場合のものです。

あとは適当な方法で通知を取得して(AccessibilityServiceというので取得できます)、通知を流すのみです。
ということで、とりあえずGmail, LINE, Twitterの通知をリアルタイムで流すように作ってみました。

Gmail
IMG_20150325_223815.jpg

電話帳のデータ
Screenshot_2015-03-25-23-25-21.png

これを応用して、「通知させたいパッケージ名」「パッケージ名と電話番号の関連付け」「電話番号と表示名の関連付け(電話帳)」をGUIで設定できるようにすれば、好きな通知を流せるアプリができそうです。
時間があったら(というか今、いつもの開発環境ではなく臨時の環境というのもあるんですが)作ってみようと思います。

明日まではまだ寒いそうですね。
風邪と花粉症には気を付けましょう…
スポンサーサイト
   Android/iOS    TB(0)    CM(2)    EDIT    ページ↑

ナビがランチャーから消えた? → 解決策

先日のGoogle Mapsのアップデート(v7~)のあたりで、ナビのアプリがランチャーから消えました。一体何が起きたのかと調べてみたところ、同様の事態が起きている人がほかにもいるようでした。

よくわかりませんが、別のアプリのように扱うのではなく統合する方針になったのでしょうか。

ひとまずここでは解決策を二つ。

1.地図の検索結果からナビを利用する
ランチャーからではなく、地図で行きたい場所を検索してから、ナビの機能を起動する方法です。

行き先を検索し、右下の「~分」の表示の部分(出なければ行きたい場所を長押し)を押す
Screenshot_2013-11-10-13-32-20.png

手段(自動車・鉄道・徒歩)と経路を選ぶ
Screenshot_2013-11-10-13-34-11.png

簡易経路を確認し「ナビを開始」(自宅を晒すこともないと思ったので隠しました)
Screenshot_2013-11-10-13-34-39.png

経路の最終確認をしてから、右下の「ナビ開始」を押す
Screenshot_2013-11-10-13-34-47.png


2.ナビのランチャーを利用する
探してみたところ、ホーム画面にナビ機能を一発で起動するためのアプリがいくつか見つかりました。

Nav Launcher (beta)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navlauncher.app&hl=ja
『これはGoogleマップナビの便利な起動画面です。Googleマップに含まれる“ナビ”の起動画面に似ています。"Nav Launcher"はもとからあるのナビの起動画面にある主な機能を同じように用意しています。…』
一部意訳ですが、このアプリを使うとナビを使う際に入力する情報を簡単に入力できるようです。

特に情報の登録等しなくても、最下部の入力エリアに行先を入力すればナビ画面が起動しました。
Screenshot_2013-11-10-13-35-38.png

Google Navigation Launcher
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?p=43612653#post43612653

こちらは非公式のアプリになりますが、インストールすると、ナビの起動画面が出てきます。
Screenshot_2013-11-10-13-58-32.png


左が"Nav Launcher"、右が"Google Navigation Launcher"です。
Screenshot_2013-11-10-13-45-33.png

ひょっとしたらアプリの更新情報に載っていたのかもわかりませんが、気づかないうちになくなっていました。更新時には何が変わるのかきちんと確認しておきたいですね。
   Android/iOS    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

今使っているホームアプリ

久しぶりの更新です。ほぼ一か月ぶりですが…

今回は、自分の使っているスマホのホーム画面の紹介を行おうと思います。

130130home.jpg

最近、ホームアプリを変更しました。
"GOランチャーEx"から"ADW Launcher EX"です。

以前使っていたものも使いやすかったのですが、気分転換に後者を入れてみたところ気に入ったので変更、ということに。
別でウィジェットを追加しなくても検索バーが表示されるところもポイントの一つです。

GO ランチャー EX (Go Launcher EX) - Google Play の Android アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.gau.go.launcherex

ADWLauncher EX - Google Play の Android アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=org.adwfreak.launcher

それから、最近ICSにアップデートを行ったのですが、ブラウザはOpera Mobileと標準ブラウザで使い心地はあまり変わらないんですね。(以前の機種が標準が遅かったのですが…)


また、おすすめアプリの紹介記事でも書いてみようと思います。
#最近忙しくて…

   Android/iOS    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

プロフィール

JDB Luigi

Author:JDB Luigi
どこにでもいるようなありふれた人間・・・という訳でもなく、かと言って怪しい宗教を信仰する変人という訳でも無い。

基本的に掲載しているコード等は煮ていただいても焼いていただいても結構ですが、利用は自己責任にてお願いいします。
また、バグ・アドバイス等もしあればよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。