JDBな人生  専門的なことから日常的なことまで~ まぁ自由きままに書いていきます。
2011年09月 / 08月<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>10月

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
364位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
46位
アクセスランキングを見る>>

葉ネギとパセリを育てています

青シソを育てている・・・はずだったんですが、色々あって枯れてしまいました。(原因は、根がきちんと張っていなかったことです)

青シソは枯れてしまいましたが、やっぱり何か育てたいと思い、今月の19日に今度はパセリの苗と葉ネギの種を買ってきました。

写真は夜に撮ったものなので、少し写り方が変ですが、気にしないでください。(フラッシュではなくふつうのライトと三脚を使いました)

パセリ(色々あって少し切りました)
SANY0029_R110929.jpg


葉ネギ(そのうち間引きします)
SANY0019_R110929.jpg

先端についているものは、種の殻です。
SANY0033_R110929.jpg


今度こそ、収穫まで行きたいですね。
また、ある程度育ったら、記事を書こうと思います。
スポンサーサイト
   Gardening    TB(0)    CM(1)    EDIT    ページ↑

66666hit

66666.png

昨日、66666hit行きました。

55555hitが7月6日なので、一日当たりの平均のアクセス数は、約131ってところでしょうか。


最近更新が滞ることが多くなりましたが、できるだけ更新できるよう努力しています。

これからもこのブログをよろしくお願いします。

ひとつ告知というかなんというか、テンプレートが見にくいので、そのうちまたテンプレートを変えようと思います。
あと、ひょっとしたら名前とブログの説明も変えるかもしれません。ひょっとしたらですが
   About this blog    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

世界で最も翻訳が難しい単語 ベスト3

※「近畿方言」というと聞きなれないので、記事中では「近畿方言」のことを「関西弁」として統一したいと思います。

関西弁について調べていたんですが、Wikipediaの本文中に、こんな記述がありました。
英国の翻訳会社Today Translationsの調査によると、近畿方言の「Naa(=なあ)」は世界で最も翻訳が難しい言葉第3位であるという[58]。
関西弁の「なあ」が、世界で最も翻訳が難しい言葉の3位になったそうです。

というわけで、1位と2位について調べてみました。(日本語訳して載せているサイトもありましたが、自分で訳してみました)

BBC NEWS | Africa | Congo word 'most untranslatable'
http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/3830521.stm

---

以下が、1000人の語学者によって作られた「世界で最も翻訳が難しい単語」のリストの上位3つです。

1位は、アフリカの国、コンゴの南部で話されている言語、ルバ語「ilunga」で、意味は
悪口を言われても、1度目は許し、2度目は我慢するが、3度目は許さない人
ということです。


2位は、ドイツの一方言とされるイディッシュ語「Yiddish」で、意味は
慢性的に不幸な人
ということです。


3位は、日本語(関西弁)の「なあ」で、
・言ったことを強調する場合
・誰かが言ったことに賛成、同意する場合
に使う、ということです。

---

自分なんかは「ilunga」だと思います。1回目、2回目くらいなら許せますが3回目となるとキレて暴れだす、みたいな感じなので。
「Yiddish」は該当しないと思います。まだ運はいい方だと思います。

まあ、BBCニュースの記事にも同じようなことが書いてありましたが、辞書を引いて意味を調べることはできても、使うとなるとその国の文化などをきちんとわかっていないと、難しいところがありますよね。(ルバ語もインディッシュ語も今日初めて知りましたが)

BBCニュースの記事が「なあ」で締めくくられているのには少し笑いました。
   海外サイト    TB(0)    CM(1)    EDIT    ページ↑

暴風警報の情報をチェックしてメールで送信するスクリプト

昨日・今日と、名古屋も雨・風が強く、暴風警報も発令されたんですが、今回、暴風警報が発令されているかをチェックして、発令された/解除された場合に、メールでその皆を送信するスクリプトを書いてみました。

おそらくこれは次の台風でも使いまわせると思うので、公開しておきます。

ソースはこちらです。
http://blog-imgs-34.fc2.com/j/a/b/jabnz/keiho.txt

仕組みは簡単で、気象庁のサイトからHTMLを取得し、要らないところを切る、というものです。

53行目の部分
my $data = $csp5[3];
$csp5[]のインデックスは、1が大雨、2が洪水、3が暴風、4が暴風雪、5が大雪、6が波浪警報となっています。

あとは、ソースの中の埋めるところを埋めれば動きます。

自分は、Cronを設定して、20分おきに自動で実行させました。
結果、5:40と17:20にきちんとメールが届きました。

実際には、内容はもう少し丁寧で、朝早い&夜遅いときはメッセージが少し変わったりします。
簡単にカスタマイズできるので、ぜひ使ってみてください。

※設置する場合は、新しいディレクトリを作成してその中に設置してください。「bou」がかぶったら面倒なので。(bouは暴風のbouです)

---

台風15号の被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
   Perl    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

リトル・チャロのセットの中に・・・

8月のとある日、Twitterのタイムラインを見て知ったんですが、NHK教育の英語番組、「リトル・チャロ」のセットの中に、Perl関連の書籍が数冊入っているようです。

110831リトルチャロ

110831リトルチャロ_e

左から、「Higher-Order Perl」「Perl Cookbook」「Mastering Perl」「PERL HACKS」です。

自分は全然気づきませんでした。
(時々パソコン弄りながら見るときもアニメのところしか見ないので)

さすがPerl、こんなところにも紛れ込んでいるとは・・・
リトル・チャロのサイトのURLが「http://cgi2.nhk.or.jp/charo-nclub/index.cgi」、「index.cgi」なので、ひょっとしたらこのページもPerlで書かれているかもしれませんね。

因みに自分は、サーバーサイドの開発をPHPではなくすべてPerlで行っています。
なんとなく書きやすいので。PHPを覚えるのが面倒でPerlを引きずっているだけ、とも言えるかもしれません。
まあでもPerlは好きです。


知らなかったという方は、次の放送で見てみてください。
   Perl    TB(0)    CM(2)    EDIT    ページ↑

プロフィール

JDB Luigi

Author:JDB Luigi
どこにでもいるようなありふれた人間・・・という訳でもなく、かと言って怪しい宗教を信仰する変人という訳でも無い。

基本的に掲載しているコード等は煮ていただいても焼いていただいても結構ですが、利用は自己責任にてお願いいします。
また、バグ・アドバイス等もしあればよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。