JDBな人生  専門的なことから日常的なことまで~ まぁ自由きままに書いていきます。
2017年11月 / 10月<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>12月

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
269位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
38位
アクセスランキングを見る>>

SANDISKのmicroSDの耐久性を検証してみる【第一段:冷凍庫】

GIGAJINEの記事を読んで知ったんですが、SANDISKのSDやmicroSDは耐久性が高いようです。
(SANDISKのサイトにもそう書いてありました)

製品の耐久性
http://www.sandisk.co.jp/about-sandisk/product-durability

そこで、
防水性: サンディスク SD、SDHC、microSDおよびmicroSDHCメモリーカードは、水深1mの海水または淡水で最大72時間の耐久性があります(IEC 529 IPX7、製品は使用前に洗浄して乾かす必要があります)。
温度耐性: サンディスク SD、SDHC、microSDおよびmicroSDHCメモリーカードは、-25ºC~85ºCの温度で動作する耐久性があります。
衝撃・振動耐性:サンディスク SD、SDHC、microSDおよびmicroSDHCメモリーカードは、最大500Gsの衝撃に対する耐久性があります。
衝撃耐性:サンディスク SD、SDHC、microSDおよびmicroSDHCメモリーカードは、最大5mから落下しても、5tトラックに轢かれても壊れません。
X線耐性: サンディスク SD、SDHC、および micro SDメモリーカードは、空港のX線検査による影響を受けません。
磁気耐性: サンディスク SD、SDHC、microSDおよびmicroSDHCメモリーカードは、磁気によるダメージを受けません。

の内、「防水性」「温度耐性」「衝撃耐性」「磁気耐性」について、検証していきたいと思います。

というわけで、早速、検証の方に移っていきます。




検証に使用するmicroSDは64MBのものにしました。

↓SDカードリーダー(100均で売ってるやつ)microSDのものを持っていなかったのでアダプタも使っての検証です。
SANY0014_R.jpg




では、冷凍庫に突っ込んでみましょう。
(温度は-16度です。少し高いですが十分でしょう)

SANY0019_R.jpg

とりあえず、10分間冷凍庫に入れっぱなしにしておくことにしました。

SANY0021_R.jpg

↓ファイルのコピー
コピーしてみる

↓NTFSでフォーマット
ntfsでフォーマット

↓FATでフォーマット
fatでフォーマット

↓読みだし
読み出し

↓これ以上コピーできません。(Crt + Vを押したまま放置)
コピーできなくなるほどコピーしてみる


冷凍庫の中にいてもきちんと働いてくれるようです。
(100均のリーダーも頑張っていますが)



SANY0023_R.jpg

10分経ちましたが、先ほどの「ファイルシステムの都合上で~」のエラー以外、特に異常はありませんでした。

というわけで、冷凍庫入れても普通に使えるってのは事実みたいですね。


次回は、海水(塩水)に入れて検証をしてみたいと思います。
 


 
   検証とか    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

コメント投稿


 管理者だけに表示

コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック:

プロフィール

JDB Luigi

Author:JDB Luigi
どこにでもいるようなありふれた人間・・・という訳でもなく、かと言って怪しい宗教を信仰する変人という訳でも無い。

基本的に掲載しているコード等は煮ていただいても焼いていただいても結構ですが、利用は自己責任にてお願いいします。
また、バグ・アドバイス等もしあればよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。