JDBな人生  専門的なことから日常的なことまで~ まぁ自由きままに書いていきます。
2017年07月 / 06月<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>08月

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
327位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
46位
アクセスランキングを見る>>

alienとかsomething

alien

エイリアンを英語で書くと綴りは「alien」です。
(プレデターは「predator」)

で、この単語を英単語の読み方などあまり気にせずに読もうとすると「アリエン」なります。(又は「アィエン」)

「エイリアン」「あり得ん」存在だから「alien」なのか」と思いませんか?
(そういえば、「あり得ん」って名古屋弁なんでしょうか。「知らん」は名古屋弁らしいですが)

形容詞では「外国の」とか「外国人の」などの意味もあるそうですが、どうして「alien」という単語gできたのか気になりますね。





something

英語で動詞に「ing」を付ける使い方は英語を多少知っていればわかると思いますが、それとは全く関係ない単語「something」について色々と考えていました。(昨日はなかなか寝付けなかったんですよ)

「something」の「ing」がing形だと考えると、元の動詞は何なんだろう・・・と。

普通にingをとったら「someth」、発音も「ィング」をとれば「サムス」かなーみたいな。

そこから考えると、ing形は「something」、過去形だと「somethed」とか。

まあここでの「サムス」は「サムス・アラン(Samus Aran)」の事を指しているので名詞扱いになるんですが。


寝付けないときってどうでもいいことばかり考えてしまいますよね。

今回の記事はとてもくだらないものになってしまったと思うのはJDBだけでしょうか・・・。
 


 
   English    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

コメント投稿


 管理者だけに表示

コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック:

プロフィール

JDB Luigi

Author:JDB Luigi
どこにでもいるようなありふれた人間・・・という訳でもなく、かと言って怪しい宗教を信仰する変人という訳でも無い。

基本的に掲載しているコード等は煮ていただいても焼いていただいても結構ですが、利用は自己責任にてお願いいします。
また、バグ・アドバイス等もしあればよろしくお願いします。