JDBな人生  専門的なことから日常的なことまで~ まぁ自由きままに書いていきます。
2017年04月 / 03月<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>05月

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
395位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
51位
アクセスランキングを見る>>

Google APIで日本語→英語に翻訳

今回の記事では、Googleの翻訳APIを使って翻訳機能をWEBページに組み込む方法を紹介したいと思います。

API:http://www.google.com/jsapi
関数:
google.load("language", "1");
これで翻訳ライブラリを読み込みます。

google.setOnLoadCallback(コールバック関数);
翻訳ライブラリの読み込みが完了したときに起きるイベントです。

google.language.translate(テキスト,元の言語,翻訳後の言語,コールバック関数)
最初の三つの引数はテキストオブジェクトです。
日本語は「ja」英語は「en」と表します。
ハングル:ko
中国語(簡体):zh-CN
中国語(繁体):zh-TW
ロシア語:ru

コールバック関数は、翻訳されたデータを受け取ったときにに起きるイベントです。

サンプル(別ウィンドウで開きます)

サンプルを見ればわかるとおり、とてもシンプルに作れます。(このサンプルより簡単に書く方法もあると思いますが)

JDBが作った関数を紹介すると、
<script type="text/javascript" src="http://www.google.com/jsapi"></script>
<script type="text/javascript">
var t_isOK = 0;
var t_id = null;
google.load("language", "1");
google.setOnLoadCallback(function(){
    t_isOK = 1;
});
function translateJaEn(s1,id){
    if (t_isOK == 1){
        t_id = id;
        google.language.translate(s1,"ja","en", enterJaEn);
    }
}
function enterJaEn(result,id){
    document.getElementById(t_id).innerHTML = result.translation;
}
</script>

で、「translateJaEn()」に「translateJaEn(翻訳する内容,結果を入れるID)」と指定すれば使えます。
※このサンプルでは、複数の値を送信したときのことをあまり考えていないので、容量の大きいデータを送ってから容量の小さいデータを送るとそれぞれの翻訳結果が入れ替わるかもしれません。(試していないのでわかりません)
 


 
   プログラミング/開発全般    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

コメント投稿


 管理者だけに表示

コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック:

プロフィール

JDB Luigi

Author:JDB Luigi
どこにでもいるようなありふれた人間・・・という訳でもなく、かと言って怪しい宗教を信仰する変人という訳でも無い。

基本的に掲載しているコード等は煮ていただいても焼いていただいても結構ですが、利用は自己責任にてお願いいします。
また、バグ・アドバイス等もしあればよろしくお願いします。