JDBな人生  専門的なことから日常的なことまで~ まぁ自由きままに書いていきます。
2017年09月 / 08月<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>10月

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
284位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
38位
アクセスランキングを見る>>

福島第一原発2号機、冷却水の注水再開

中日新聞:福島第1原発2号機、燃料が一時全露出 一部破損の可能性:社会(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011031490223854.html

時事ドットコム:2号機冷却水、一時ほぼ喪失=燃料棒、溶融の可能性-海水注入で回復急ぐ・東電
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011031401171

 東京電力は14日夜、東日本大震災で自動停止した福島第1原発2号機の原子炉内で水位が急激に低下し、核燃料棒が露出する「空だき」に近い状態になったと発表した。原発周辺で放射線レベルが通常より高いことが確認され、燃料の一部が破損した可能性が強まった。
 東電によると、2号機は14日午後1時ごろ、炉内を冷やす給水機能がすべて停止。海水をポンプで注入する方法に切り替えたが、水位が急低下し、いったん燃料棒がすべて露出する状態になったもようだ。その後、注入作業は正常になり、燃料棒は再び水に漬かっているという。
 枝野幸男官房長官は会見で「最悪の事故を想定しても(旧ソ連の)チェルノブイリ(原発事故)と同じ状態にはならない」と話した。

2号機では一時的にポンプ車の燃料が切れたとかで海水の注水が止まっていたんですが、注入作業は再開され、燃料棒は再び水に漬かっているとのことです。

 一方、福島第1原発に近い同第2原発1・2号機(福島県楢葉町)では、それぞれ同日午前10時15分と午後3時52分に、原子炉内の温度が100度以下になる「冷温停止」の状態になったと発表した。危険な状態は脱したという。
また、1号機と3号機については水素爆発はしたものの現在は「冷温停止」という状態(原子炉内の温度が100度以下)になり、危険な状態は脱したとのことです。

 経済産業省原子力安全・保安院によると、福島第1原発の半径20キロ圏内には475人が残っているとみられ、自宅などにとどまる屋内退避を指示した。

このことから考えると、原発が爆発して大量の放射性物質が漏れ出す可能性はほとんど無いということですね。(あったら強制的に避難させるはずなので)

ともかく、完全にメルトダウンはしなかったようなので、良かったですね。
 


 
   世論とか社会問題とか    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

コメント投稿


 管理者だけに表示

コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック:

プロフィール

JDB Luigi

Author:JDB Luigi
どこにでもいるようなありふれた人間・・・という訳でもなく、かと言って怪しい宗教を信仰する変人という訳でも無い。

基本的に掲載しているコード等は煮ていただいても焼いていただいても結構ですが、利用は自己責任にてお願いいします。
また、バグ・アドバイス等もしあればよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。