JDBな人生  専門的なことから日常的なことまで~ まぁ自由きままに書いていきます。
2017年06月 / 05月<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>07月

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
465位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
72位
アクセスランキングを見る>>

Java ScriptでFLASHの利用の可否を確認する

前回の記事はASとJSを連携させて使用可能なフォントのリストを取得するものでしたが、そのサンプルの中の「FLASHが利用できるかどうか」という部分もそれはそれで使えると思ったので、別の記事として残しておきます。
(少し変わっていますが)

var flash = 0;
try{
    var f = new ActiveXObject("ShockwaveFlash.ShockwaveFlash");
    flash = 1;
} catch(e) {
    flash = 0;
}
if (!flash){
    if (navigator.mimeTypes && navigator.mimeTypes["application/x-shockwave-flash"] ?navigator.mimeTypes["application/x-shockwave-flash"].enabledPlugin : 0){
        flash = 1;
    }
}
if (flash){
    //FLASH OK
} else {
    //FLASH NG
}


解説をすると、
  1. try{}節を実行
  2. 何もエラーが無ければFLASH利用可能とする
  3. もし何らかのエラーがあればMIMEタイプを確認
  4. MIMEタイプもなければ使用不可
というような感じです。

これからHTML5の時代になっていくと思いますが、FLASHはまだまだ現役だと思います。
(バージョンさえ合えばどの環境でも同じように動いてくれるので)

#だからといってFLASHが使用可能かどうかなんて調べる必要はないかもしれませんが。

参考:
Javascriptでflash playerのバージョン判別 ::: 0から目指すWebマスター
http://www.allinthemind.biz/markup/javascript/javascriptflash_player.html
 


 
   JavaScript    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

コメント投稿


 管理者だけに表示

コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック:

プロフィール

JDB Luigi

Author:JDB Luigi
どこにでもいるようなありふれた人間・・・という訳でもなく、かと言って怪しい宗教を信仰する変人という訳でも無い。

基本的に掲載しているコード等は煮ていただいても焼いていただいても結構ですが、利用は自己責任にてお願いいします。
また、バグ・アドバイス等もしあればよろしくお願いします。