JDBな人生  専門的なことから日常的なことまで~ まぁ自由きままに書いていきます。
2017年10月 / 09月<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>11月

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
231位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
35位
アクセスランキングを見る>>

AMD Fusion APU A6-3500

前々からFusion APUに興味があったんですが、今回、パソコンをAMDの構成に変えました。

以下、AMD Fusion APUの「A6-3500」のレビューです。
more...

まずFusion APUとは何か、ということですが、細かいことはWikipediaをご覧ください。
CPUとGPUがセットになったみたいなやつです。

今の部品と引き換えの上で変更すればほとんどノーコストで導入できるということがわかったので、購入に踏み切りました。
相変わらずのローエンド構成・・・と言いたいところですが、あくまでエントリークラスなだけで、実は性能はそこそこあります。

導入することにした理由は、
  1. ミドルクラスのグラボ並みのGPU性能
  2. デュアルコアから1つ増えてトリプルコア
  3. メモリの性能を最大限引き出せる
の3つに加えて、
  1. 前から使っているCeleronの構成と省電力性能はほとんど変わらない
の4つです。

あと、「インテル入ってない」PCを持ってみたかった、ということもあります。

マザーボードはAsusの「F1A55-M LE」、APUは「A6-3500」を選択、AMDならではの"トリプルコア”です。

新しいCPU(APU)
P2110692_R120211.jpg

左がAMD、右がIntel
P2110703_R120211.jpg


そして、実際にWindowsをインストールした様子です。
比較はすべて定格の状態で測定した数値を使っています。

まずはエクスペリエンスインデックスです。

CPU
6.4→6.4

RAM
6.4→7.3 +1.1

グラフィクス
3.6→5.8 +2.2

ゲーム用グラフィクス
5.7→6.5 +0.8

ハードディスク
5.9→5.9

メモリは前の構成と同じものを使っていますが、前の構成ではCPU等の性能の都合上少し遅めの動作になっていました。


次に3DMark、グラフィックの性能は約2倍になりました。
まあそれでも決して数値が高いわけではありませんが

3DMark06
2348→5141 (約2.2倍)

3DMark Vantage
886→2726 (約3倍)

3DMark 11
308→726 (約2.4倍)


オーバークロックも試してみました。
定格が2100MHz、3100MHzまで上げてみましたが、安定して動作していました。
それより上は試していないのでわかりません。

体感はほとんど変わりませんでした。
120211OC2.png


最後にひとつ、これはマザーボードの話ですが、BIOSのデザインが良いです。
マウス操作もできます。あとこれとは別で、もっとグラフィカルな簡易モードもあります。
BIOSの設定画面も進化しているんですね。
120211220103.png


総評ですが、コストパフォーマンスは非常に良いです。
前の構成では少しグラフィックが弱すぎる部分がありましたが、今回の変更で大分補強ができました。

通常の使用ではまず困ることのない性能で、試してはいませんが簡単な3Dゲームもある程度はまともに動くと思います。

今回、マザーボード4000円+APU7000円で、11000円です。
前の構成は、Celeron DC,5000円+HD5450,4000円+マザーボードで13000円ですが、その構成と比べても、大きく性能の差があります。

コストパフォーマンス重視のPC自作をする場合には、このFusion APUは非常に有効な選択肢の一つと言えそうです。
 


 
   JDB's PC    TB(0)    CM(1)    EDIT    ページ↑

コメント投稿


 管理者だけに表示

コメント

[ とある人 ]
おーフュージョンAPUじゃないか。
マザボはASUS(アースス)だし。
ちなみに,GIGABYTEのマザーのバイオス(intelチップセット)は古典的なあれらしい。
つーかAMDのコスパが良すぎるような・・・。
聞いた話ではAPUと独立VGAのCrossFireXもできるらしい。
2012年02月21日(火) 15:43

トラックバック

この記事へのトラックバック:

プロフィール

JDB Luigi

Author:JDB Luigi
どこにでもいるようなありふれた人間・・・という訳でもなく、かと言って怪しい宗教を信仰する変人という訳でも無い。

基本的に掲載しているコード等は煮ていただいても焼いていただいても結構ですが、利用は自己責任にてお願いいします。
また、バグ・アドバイス等もしあればよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。