JDBな人生  専門的なことから日常的なことまで~ まぁ自由きままに書いていきます。
2017年10月 / 09月<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>11月

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
265位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
35位
アクセスランキングを見る>>

東日本大震災から一年…

今日で、東日本大震災から一年になります。

大きな被害をもたらした津波が起こり、自粛ムードが広がり、原発事故があり、風評被害があり、電力不足があり、除染問題・賠償問題があったり、与野党間での議論が進まなかったり、脱原発の風潮ができたり、首相が変わったり、大臣が失言で辞任したり、巨大台風が来たり、復興庁ができたり、がれき処理の問題があったり。
最近ではがれき処理の問題に関連して、石原都知事が「黙れ」と言ったり、受け入れたら交付金を出すなんて話が出たり。

「やっと一年か」とも「もう一年か」とも思えるような、そんな一年でしたね。

改めまして、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げるともに、犠牲になられた方々・遺族の方々に対し深くお悔み申し上げます。


自分もこの震災で、たくさんのことを考えさせられました。
住んでいる東海地方に迫っているといわれる東海地震のこともそうですし、エネルギー問題などもそうです。
浮上した数々の政治的問題についてもそうですし、何よりも、自然に対しての考えが変わったような気もします。

宮城県気仙沼市へ行ってきた【PART1】
http://jabnz.blog69.fc2.com/blog-entry-684.html

この連載(特にこの記事この記事)でも書きましたが、津波の被害に遭った街を見た後に、とても美しい海を見ました。
「この海が津波となって襲ってきた」なんていうことは、信じられないくらいに。

今回の震災で起こった数々の事柄について考えていくと、ある共通した事に辿り着きました。

“人間は自然とどう付き合うべきなのか”

これは、震災などだけではなく、今人間の抱えるほとんどの問題に共通すると思います。

「地震が起こるのは当たり前」「津波が起こるのは当たり前」、そんなことはわかっています。
その上で、そうした自然現象とどう付き合っていくか。この「地球」に住んでいる以上、このことから目を背けることはできません。原発、地球環境、人口増加などに関する問題もそうです。

まあ、このままだと何を書きたいのかよくわからない記事のまま終わってしまうのでこの話はこれくらいにします。


震災が起こってから、自分も時々、暇な時間に国会中継などを見るようになりました。
最初のほうはイラつくことも多々ありましたが、今は楽しんで見ている・・ような気がします。
それくらい、「今そのことについて議論する必要はあるのか」「そんなに深く突っ込む必要はあるのか」と思えるような議論が繰り広げられます。

復興のための予算が下りる下りないだとか、減税するしないだとか、定数削減をするしないだとか、恒久的な歳費削減をするしないだとか、財源に関する話はずっと前から出ているのに、議論が進んでいるとも思えません。

「首都直下型地震」「東海・東南海・南海地震」など、次いつどんな規模の災害が起こるかわかりません。
それまでに、「確実に」「迅速に」復興を進めていく必要があります。
国も(国会議員の方々も)、本気で取り組んで頂きたいですね。

今回の震災の中で、教訓として活かせる部分はたくさんありました。
次起こる災害の中で、少しでも被害を減らすことができたら良いなあと思います。

(長文になってしまいました。すみません。)
 


 
   世論とか社会問題とか    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

コメント投稿


 管理者だけに表示

コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック:

プロフィール

JDB Luigi

Author:JDB Luigi
どこにでもいるようなありふれた人間・・・という訳でもなく、かと言って怪しい宗教を信仰する変人という訳でも無い。

基本的に掲載しているコード等は煮ていただいても焼いていただいても結構ですが、利用は自己責任にてお願いいします。
また、バグ・アドバイス等もしあればよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。