JDBな人生  専門的なことから日常的なことまで~ まぁ自由きままに書いていきます。
2017年07月 / 06月<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>08月

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
454位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
68位
アクセスランキングを見る>>

kill it dead と murder to death

先日、例によってある海外ドラマのスクリプトを確認していたのですが、そこであるセリフを見つけました。

The one thing that lead you here, imagination, you're killing it dead!
僕たちをここまで導いてくれたもの、想像力を、あんたはすっかり台無しにしようとしているんだ


さて、ここで問題が。ふつうdeadは形容詞で使いますから、you're killing it dead! だと、killが五文型をとっているように見えます。もしそうだとしたら、どう解釈すれば良いのでしょうか。kill O Cで、死んだ状態に殺す…のでしょうか? なんか変ですが、そういう強調の表現なんですかね。

辞書で確認してみると、killが五文型をとるという記述はなさそうです。ということはdeadは副詞かな?と調べてみると、ありました。英の口語で「まったく」「すっかり」という意味をとれるそうです。
そしてこのkillは、「台無しにする」「破壊する」「だめにする」という意味で使われているようです。ですから、合わせて、「まったく台無しにしてしまう」ということですね。

そういえば、別のドラマのスクリプトで、

I'm deadly serious.
僕は大真面目に言ってるんだ。

というセリフがありました。deadもdeadlyも副詞になれるというのは要注意です。

さて、もう一点。
先ほど「死んだ状態まで殺す?」という表現は変な感じがすると書きましたが、辞書でいくつかの項目を確認したところ、「murder - to death」という表現をすることができるそうです。こちらではmurderは殺人、deathは死を意味しますから、やっぱりなんか変です。

英和辞書の解説によると、killは「死んでしまう」という結果まで含むのに対し、murderは結果を含まずに行為だけを指すことができるため、to death(死ぬまで)という表現を加えて結果を表すことができるようです。

少し検索してみたところ、いくつかのニュース記事で"murder for 理由 to death"というように使われているのが確認できました。


ちょっと暗い記事になってしまいました…

似たような表現でも全然違う意味になるというのは要注意です。単語一つ一つのニュアンスが違うというのもあるのでしょうかね。
 


 
   English    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

コメント投稿


 管理者だけに表示

コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック:

プロフィール

JDB Luigi

Author:JDB Luigi
どこにでもいるようなありふれた人間・・・という訳でもなく、かと言って怪しい宗教を信仰する変人という訳でも無い。

基本的に掲載しているコード等は煮ていただいても焼いていただいても結構ですが、利用は自己責任にてお願いいします。
また、バグ・アドバイス等もしあればよろしくお願いします。