JDBな人生  専門的なことから日常的なことまで~ まぁ自由きままに書いていきます。
2018年04月 / 03月<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>05月

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
36位
アクセスランキングを見る>>

カルボナーラの真実

お久しぶりです。前回の更新から一か月も経ってしまいました。
タイトルの通り、最近ちょっとした発見をしました。しょーもない話なんですが。

さて、豚骨ラーメンとカルボナーラ、どちらがより多くの塩分を含むかと聞かれたら、どう答えるでしょうか。

昼食をカルボナーラか豚骨ラーメンか迷ったある日、ふと気になりました。さっきおやつも食べたし、一応塩分少なそうな方にしよう。まあカルボナーラでしょ、と。

そこで一応成分表示を見ると、次の通り。

こちらが豚骨ラーメン(袋麺)の表示です。
成分表示豚骨

乾麺の状態と茹でたあとの状態で麺に含まれる塩分の量が変化する(茹でるとお湯に溶け出すため)のですが、ご親切に調理後の値が書いてあります。
スープの塩分量が多いですが、スープを飲まない、つまり麺を啜るときに口に入る量以外は考えないとすれば、実際に摂取するのはこの1割程度と考えて良いでしょう。(後日、食前・食後でスープの量を概算したところ、多く見積もっても1割しか減っていませんでした。)

こちらがカルボナーラのソースの表示です。
成分表示

ソースはかなりの部分がスパゲッティと絡んで口に入るので、8割くらいは摂取すると考えて良いでしょう。少なく見積もって5割の計算もしておきます。

スパゲッティは茹でるときに塩を入れるので、それも考慮に入れないといけません。

穀類/こむぎ/[マカロニ・スパゲッティ類]/マカロニ・スパゲッティ/ゆで - 一般成分-無機質-ビタミン類-アミノ酸-脂肪酸-炭水化物-有機酸等
https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=1_01064_7

文部科学省の食品成分データベースでは、ナトリウムが460mg、食塩相当量に換算すると1.17gとなります。

パスタの茹で汁に塩を入れたときの塩分摂取量を調べてみよう
http://no-shukketsu.com/salt_of_pasta/

100gのパスタを1%の食塩水で茹でると2.8gの塩分が加わるということです。

こちらのページでは2.8gと出ています。この値はどれだけの塩を入れるかにも依るので、多少の幅はあっても仕方ないと思います。
高校の家庭科の授業では、パスタ1束には小さじ1(6g)と習いましたが、上記のサイトでは10gを入れているので、少し多めかもしれません。6gに換算すると1.68gなので、文科省のデータに近づきます。
ここでは少な目に見積もって文科省のデータ1.17gを使いましょう。

ということで、状況を整理してみます。
まとめ

スープ・ソースから摂取する塩分量の割合を上述の通りとすると、豚骨ラーメン一杯からの摂取量が1.73gに対して、カルボナーラ一食では2.61gと、およそ1.5倍となっています。食塩の絶対量では0.88gの差です。

ちなみにカルビーのポテトチップスの食塩相当量は、うすしお味の60g入りのものだと0.6gです。

商品のエネルギー(カロリー)や栄養成分をおしえてください。また、カリウムとリンの数値もおしえてください。 | お客様相談室 | カルビー株式会社
http://faq.calbee.co.jp/faq_detail.html?id=5

つまり、カルボナーラ>豚骨ラーメン+ポテトチップスという不等式が(食塩に限定すれば)成立する訳です。

ラーメンよりスパゲッティのほうが多いって、意外な結果ではないでしょうか。

ただし、スープの摂取割合を1割から2割に増やしたり、ソースの摂取割合を減らしたりすると結果は変わります。なのでスープを飲む場合、ソースがそんなに絡んでいない場合はこの関係は成り立たないかもしれません。

ということで、(当日はここまで計算したのではなくなんとなくの概算で)豚骨ラーメンを食べたわけです。
後日カルボナーラも食べましたが。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」では、8.0g未満(成人男性の場合)に抑えよと書いてあるので、上の計算通りなら一応は3食食べても大丈夫ということにはなりますが、副菜や間食もありますからね。案外超えてるのかも。

ということで、ラーメン=体に悪い、というイメージがある人もいるかもしれませんが、塩分だけ見れば、必ずしもそうでもないということを覚えておきましょう。(ただしスープを飲まない場合!)
 


 
   雑談    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

コメント投稿


 管理者だけに表示

コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック:

プロフィール

JDB Luigi

Author:JDB Luigi
どこにでもいるようなありふれた人間・・・という訳でもなく、かと言って怪しい宗教を信仰する変人という訳でも無い。

基本的に掲載しているコード等は煮ていただいても焼いていただいても結構ですが、利用は自己責任にてお願いいします。
また、バグ・アドバイス等もしあればよろしくお願いします。