JDBな人生  専門的なことから日常的なことまで~ まぁ自由きままに書いていきます。
2017年05月 / 04月<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>06月

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
413位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
58位
アクセスランキングを見る>>

グループウェアに必要な機能?

お久しぶりです。

近ごろ、新たなグループウェアの開発を始めました。
といっても、6年前から開発しているあるグループウェアと、1年半前に単発で開発した別の(とてもシンプルな)グループウェアを統合するようなものです。

これまで色々と弄ってきたなかで、PCでもモバイル端末でも使いやすい画面はどんなものか、どうすればDB操作を効率化できるのか、設定画面のようなワンパターンな要素をどう再利用できるようにするか、使いやすいアニメーションとはどんなものかと、色々とポイントがわかってきました。今のとろ既存のフレームワークは特に使わずに作っていますが、その分コードの資産というものもできてきて、一つのフレームワークを作れそうな感じでもあります。

最近新たに取り組んだものとしては、WebSocketを用いたリアルタイム通信がありますが、これも使い慣れるとなかなか面白いものです。これまでサーバに負荷をかけまいと諦めたきたような動作を実現できるので、制作の幅が大きく広がります。
自分で会話のプロトコルを定義して、サーバのコードまでかかないといけないのは少し手間ですが、手間をかけるだけの価値がある技術だと思います。(ちなみにWSサーバの基幹部分だけはフレームワークとしてMojoliciousを使っています。)

今困っているのは「元に戻す」という操作をどう実装するかということと、各項目のバージョン管理システムを「ユーザにわかりやすいように」どう作るかというところです。アルゴリズムというか、どう設計するかというところで悩んでおります。

さて、ところで、グループウェアに必要な機能って何なんでしょうかね。

ポータル画面、スケジュール管理、掲示板、チャット、メール、文書管理、アップローダ、ToDoリスト、備品管理、帳簿管理…などなどはどのグループウェアにもだいたいありますが、視点を変えて、「そのグループウェアにしかない機能」というのを探してみると、あまりないように思えます。必要な機能はだいたい同じですからだいたい同じになるんですかね…?
せっかく作るなら一味違うものを作りたいとは思うのですが、何を差別化したら良いのかはよくわかりません。

独自機能として深められそうなものとしては、何が議論ができるような機能…か、自由に図形や文字が置けるお絵かきボード的機能とか、他のログイン中のメンバーがどこにいるのかゲーム風に表示できる機能とか…あたりだと思っているのですが、
実用性があるのかよくわからないところでもあります。いずれも実装としては割と単純なものなんですが。

「こんな機能あったら面白いんじゃないか!」というか「こんな機能あるなら使うよ!」というコメントなどあれば、ぜひ一言お願いしたいところであります。

近ごろ夏っぽくなってきたと思ったら、夜はまだまだひえますね。
それではまたそのうち。
   雑談    TB(0)    CM(1)    EDIT    ページ↑

『なんとなく』の感覚からの語学

突然ですが、この写真。
英BBCのDoctor Whoというドラマのワンシーンですが、
141129.jpg
THE DAY OF THE DOCTOR 2013 BBC

どんな場面に見えますか?

表情からして、何か詠嘆しているように見えると思います。
たとえば、「休みが取れたら旅行に行きたいなぁ」とか、「なんて美しい絵なんだろう…」とか、「こんなに美しい絵を人生で二度も三度も見られるだろうか。」とか、そんな感じでしょう。文法的には、それぞれ「仮定法」「感嘆文」「修辞疑問文・反語」などと呼ばれるものです。

実際、このシーンのセリフは、

I could be a curator. I'd be great at curating.
[...]
I could retire and be the curator of this place.


日本語では、

館長になれたらなあ。僕ならきっと立派に務められることだろう。
(中略)
引退したら、ここの館長になりたいなあ。

というような感じです。若干意訳ですが。つまりこのシーンは仮定法(願望や想像を表現する文法)を使っているシーンですね。

ストーリーの詳細はともかく(この後に本当に館長になった未来の主人公と、↑の主人公が会話するシーンが続きます)、
何が言いたいかというと。

人間というのは不思議なもので、言葉や文化が違っても、感情表現の仕方は似るものです。
英語の知識があまりなくても、冒頭の写真を見れば、何かを夢見ているような、あるいは感動しているような、感じが伝わってくるのではないでしょうか。

外国語の学習においては、もちろん文法的な分類も重要です。しかし、もともと言葉や言語というものは、コミュニケーションの道具なのですから、このように「この人はどんなことを言っているのだろう」と想像するだけでも、文化の壁を越えて理解できるものがあるはずです。

そうした感覚を語学の入口(アプローチ)として用い、「じゃあ具体的にはどう表現すれば良いんだ?」という疑問を解決できるように学習することで、学習に対する抵抗感が減る(あるいはモチベーションが向上する)ということにもつながると思います。

---

昨日今日あたり、各地で初雪が観測されています。気温も急激に低下していますから、体調を崩さないように気を付けましょう。あと風呂場で脳梗塞になるやつも気を付けましょうね。
   雑談    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

ピーナッツバター

今週の月曜、ピーナッツバターをつくってみました。(といっても、姉が材料を用意したところに参加しただけですが…)

手順は、①落花生を煎る、②殻をむく、③ミキサーにかける、④裏ごしをする、⑤バターと砂糖を混ぜる、という感じです。
今回は砂糖に加え、はちみつも入れてみました。

作ってみて改めてわかりましたが、ピーナッツバターというのは、ピーナッツを加工したというよりは、バターを加工したという感じなんですよね。今更ですが、あまり量を塗ると生活習慣病まっしぐらという感じがしました。市販のものにどのくらいバター(そもそもバターかマーガリンかという問題も)が入っているんでしょうかね。

パンに載せると↓の画像のような感じです。風味はピーナッツバター、食感はきな粉、という不思議な料理ではありました。明らかにペースト状になっていますよね。市販品はねりあめが入っている分、粘り気がつくのでしょうか。

IMG_20141103_180513.jpg

話題は変わって、
ブログの更新が滞ると、広告がずいぶんとにぎやかになりますね。上にも下にも広告というのはやりすぎなような…。
また何かあれば更新します。
   雑談    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

"Police Box"と『交番』

昨日は弟の誕生日ということで、ちょっとした模型を購入&プレゼントしました。(弟にあげたものを自分のブログに載せるのもあれかもしれませんが気にしないでください)

P1060115_R140326_2014061400241296c.jpg


電話ボックスのように見えますが、写真にある通りこれは"Police Box"といいます。英BBCのSFドラマ、"Doctor Who"にて"TARDIS"という宇宙船として登場するものです。日本ではあまり有名ではありませんが、イギリスではスターウォーズ並に人気だそうです。要はエイリアンが外見が電話ボックスの宇宙船に乗って時空と宇宙を旅するというドラマですね。(作中ではIt's bigger on the inside!ということで、外見とは異なって中はとても広いという設定になっています。なぜポリスボックスの外見なのか…などは本編を見てみればわかるので興味があればぜひ。)

いつもなら写真だけ載せてPicture of The dayに投稿するのですが、せっかくなのでこの「ポリスボックス」について少し紹介しておきます。といっても、海外サイトの訳文をさらに要約したものです。(意味の取り違えなどがあれば指摘していただけると助かります)

そもそも、『交番』を英訳すると"police box"になるのですが、日本の交番とは異なるようです。

A BRIEF HISTORY OF THE POLICE BOX
http://www.policeboxes.com/pboxhist.htm

ポリスボックスの歴史はアメリカで始まります。1876年にグラハム・ベルが電話を発明し、電話はすぐに警察との連絡手段として使われるようになりました。ポストに電話を備え付けた『警察呼び出しボックス』が路上に現れ、交番との主な連絡拠点となりました。
(中略)
『ポリスボックス』は1920年代のイギリスで発明されました。巡査が警察署と連絡を取るために使われたということはよく知られていますが、それでけではありません。1923年に警察の本部長のフレデリックが発明したポリスボックスは、巡査の地域見回りの効率化に一役買いました。彼は、巡査もつ時間の4分の1は警察署と現地を往復する時間であることに気づき、これが無駄だと考えたのです。たとえば、30分の休憩のために警察署に戻り、また巡回業務に戻る場合などです。そこで、活動拠点を分散するためにポリスボックスが導入されました。ポリスボックスは地域の各巡査に「ミニ警察署」を効率的に提供し、結果として、警察署(に赴くこと)は必ずしも巡査の業務に必要ではないということがわかり、閉鎖された警察署もありました。これはコスト削減につながりました。
(中略)
1.2平方メートルの広さがあり、小さな机とイスそしてライトとヒーターも用意されていました。また、誰でも簡単に、中に入らずとも外側から電話と救急キットが使えることを念頭に設計されていました。設置されたポリスボックスの中には街灯や照明として使われていたものもあります。
(中略)
1960年代の終わりがけになると、アマチュア無線や警察無線などの登場と、地域巡回の巡査の大幅な削減により、ポリスボックスの必要性が薄れていき、撤去されるようになりました。


ちなみに作中での説明では、「警察を呼んで到着を待つ間、現行犯逮捕した人などを閉じ込めておくときに使用した」というようなことを言っていたと思います。

日本の場合は、1874年に巡査を配置して立番をさせる場所として『交番所』が設置され、その後、立番をするため『場所』だけではなく『施設』の役割を持つようになり、『派出所』『駐在所』として(寝泊りして働くということも含め)地域警察の活動の拠点になっていった、という話だそうです。

詳細は以下からどうぞ。
(1) 交番・駐在所の歴史
http://www.npa.go.jp/hakusyo/h16/hakusho/h16/html/F1101010.html

ということで、日本の交番との違いは、『地域住民のよりどころ』というところまでは根付かなかったということでしょうか。

ワールドカップの話題でも、日本の交番制度は世界的に見ても独特なもので、ブラジルも『KOBEN』という名前で日本の交番を真似ているという話がありますが、各国の警察制度とその歴史について、掘り下げて調べていくのもなかなか面白いかもしれません。
   雑談    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

一か月ぶりの更新

一か月ぶりの更新となってしまいました。
知ってる人は知っていると思いますが、今日は、情報処理技術者試験の日です。
キャリアプラン(というと少し大げさですが)の計画の一環で、受験してきました。一か月更新しなかったのは勉強のためです。本当ですよ!
といっても、三週間前まではほとんど何もしていなかったも同然で、三週間をきってから本格的な対策を始めました。

手ごたえは、落ちてはいないかなぁ…たぶん…というところです。6割はあるはず…。

試験結果はともかく、特に過去問演習を通して、システムやソフトウェアの開発の技法を学ぶことができたので、計画している新しいグループウェアの開発に活かしたいと思います。
   雑談    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

プロフィール

JDB Luigi

Author:JDB Luigi
どこにでもいるようなありふれた人間・・・という訳でもなく、かと言って怪しい宗教を信仰する変人という訳でも無い。

基本的に掲載しているコード等は煮ていただいても焼いていただいても結構ですが、利用は自己責任にてお願いいします。
また、バグ・アドバイス等もしあればよろしくお願いします。