JDBな人生  専門的なことから日常的なことまで~ まぁ自由きままに書いていきます。
2017年09月 / 08月<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>10月

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
394位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
44位
アクセスランキングを見る>>

さるかに合戦

お久しぶりです。久々に雑談の記事です。

※前もって書いておきますが、あんまり内容は深くありません。「日本人がバッシング好きなのって『さるかに合戦』のせいなのかも?」という意味不明な推測をたらたら書いているだけです。
大したリサーチもせず思うままに書いているだけなので、何か意見があればどんどんお願いします。

さて、最近、わけあって「さるかに合戦」の話を読みました。話の展開はみなさんご存知かと思いますが、

①柿の種(=手間をかけて育てればやがてたくさんの実が生る)を持っているさるが、おにぎり(=すぐに食べられる)を持っているかにと、物々交換を申し出る
②さるはさっさとおにぎりを食べてしまい、一方かにはこつこつと柿の木を育てる
③実がなったあと、かには木に登れないので、さるが代わりに実をとりにいくという話になる
④さるが木に登ったのは良いものの、ずる賢いさるは、赤い実を自分で食べ、青い渋柿をかにに投げつける。かには重傷を負う(あるいは死んでしまう)
⑤その話をかにの子どもたちからきいた臼・牛(馬)糞・針・栗は怒り、さるを懲らしめる

というような具合です。
なお、臼〜栗は現場で一連の事件を目撃したわけではありません。

このストーリーは、要は「ずるいことをしたら、正義の力により成敗されるべきである。」というものです。
ブリタニカ国際大百科事典の「猿蟹合戦」の項目によれば、「この昔話の後半の形式はアジア、ヨーロッパ、インドネシアの広い地域に伝承される。」とあります。
まあ誰にでも明快な展開ですよね。

#でも海外のおとぎ話でこういう流れのものってあんまりポピュラーじゃない気がします。西洋のおとぎ話=寓話ってイメージがありますけど、どうでしょう。

おとぎ話つながりでいけば、「かちかち山」「桃太郎」も成敗するという点では同じです。

読んだ後、ふと、数ヶ月前にTwitterで見た五輪エンブレムの盗作疑惑に関するpostを思い出しました。具体的には覚えていませんが、「佐野さんがよろしくない方法をとったかもしれないとしても、(家族までひっくるめて)集中砲火でバッシングをするのはやりすぎではないか。こういう雰囲気は異常ではないか。」というようなものです。
まあこのような意見は探せば結構あるようです。

これに関して、違和感を覚えるか覚えないかときかれれば、結構答えに迷います。皆さんはどうでしょう。

関連して、記憶に新しいものでは、小保方さんや佐村河内さんの騒動でも似たような話が出ていました。特に小保方さんの一連の騒動では自殺者も出るほどの激しいバッシングがありました。

こうしたバッシングというのは、さるかに合戦の⑤と非常に似ています。「現場で現行犯(あえて大げさな表現を使います)を確認したわけではないし、当事者やその他もろもろの事情をよく知っているわけでもないけど、話を訊いた限りではなんとなく許しがたい感じがするので、(その集団にとっての)正義の力で成敗すべき」というところです。

もっと言えば、(冤罪を含む)被疑者の家族に対するバッシングも同じロジックです。「ネット私刑」という言葉も最近は脚光を浴びてきていますね。本人の言い分や事情をよく知っているわけでもなく、そもそもどの程度“クロ”なのか知っているわけでもないけれど、許せないから懲らしめよう、というものです。

ちょっと気になったのでググってみました。引用できそうな出典がなかなか見つからなかったので引用はしませんが、「アメリカは加害者家族に対して応援をする、対して日本はバッシングをする」という論調はあるようです。

NHKのクローズアップ現代は、日本人の加害者家族へのバッシングを次のように表現しています。

「犯罪“加害者” 家族たちの告白」http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_2872.html

重大事件になると必ず責任を追及され、社会にさらされる犯罪加害者の家族。犯罪とは直接関係のない子どもや親戚にまで影響が及び、最悪のケースでは自殺に追い込まれる家族もある。


ここまで考えたところで、初めて「日本人 バッシング」で検索をしてみました。すると今日公開のこんな記事が。
精神科医、岩波明著の「他人を非難してばかりいる人たち」という新書に対する書評のようです。(この記事の著者自体は具体的に誰なのかよくわからないですが)

日本人は、民族の性質として、「集団でどうこうする」「異質なものに対しては何かしらの対処を行うべきである」という考え方を好む、という話はよくきくと思います。社会の教科書なんかでも、「元来農耕民族であり、ムラという集団を大切にする」という解説があります。

念のため、該当部分を引用してみます。

日本人が「ネットバッシング」を止められない理由に「日本人が元来持つ特性」があった | ダ・ヴィンチニュース
http://ddnavi.com/news/270886/a/

「日本人が元来持つ特性」とは、「差異に敏感」なこと。日本という島国の“閉鎖的空間”が培ったものだという。閉鎖的な空間ではしぜんと同質集団が形成され、「微妙な差異に敏感」になる。たとえば、多様な民族や宗教的背景を内部に持つアメリカに比べると、同質集団である日本には大きな「安心感」があるが、バックボーンや価値観が似たようなものになりやすいため、すこしの異質でも排除しようとする働きが起きるのだ。
(中略)
 以上の3つの要因が複雑に絡み合い、「ルサンチマン(常日頃から感じている悔しい思いやねたみの気持ち)」を抱えやすい日本人は、攻撃できるはけ口を見つけると、ボルテージが一気に増幅。日常は抑えている攻撃的な衝動があらわになる、というわけである。


地理的・人種的な理由により、日本人は同質的になりやすく、小さな差異を気にする傾向があるということに加え、(引用省略部分の要因も含め)攻撃できるはけ口を見つけると一気にボルテージが高まる、という分析です。

その岩波さんが読売新聞の対談に出ていました。

2015年11月12日 読売新聞

日本だけの問題でしょうか。
 「海外でもネットでのバッシングがありますが、日本は先進国でも際立っています。議論が一方向に限定されがちで、同調しないと、逆に攻撃の矛先が向けられる。反論が言えなくなる。コントロール不能になるのです。言論の自由もあり、一概に否定できない面もありますが、社会的に抹殺してしまいかねない凶器になります」


日本人に独特の強い同調性・同質性が、①バッシングの対象を見つけやすい②バッシングが起こりやすい③対抗勢力(バッシングに対するバッシング)が生まれない、という原因になっているというところでしょう。
まあどこかできいたことのあるような話ですね。

こうした環境により、バッシングの発生や過熱が起こりやすい土台がある、ということにもとれると思います。言い換えれば、「場所の環境によるバッシングの起こりやすさ」があるということです。


とはいうものの、このグローバル社会、アメコミやハリウッド映画をはじめ、西洋の価値観は常に、大量に日本に流れ込んできています。
ではそれらが実際に日本人の価値観を大きく左右しているかといえば、そうでもなさそうですね。映画は映画、漫画は漫画です。

そんなことよりも、日本人の行動に影響を与えているのは、やっぱり「さるかに合戦」「かちかち山」「桃太郎」でしょう。「みんなで成敗しよう」という話を小さいときから何度も何度もきいている、しかも大抵は強く同意しながらきいているからこそ、「力を合わせて成敗するのは当たり前」という考え方になりやすいのだと思います。言い換えれば、「価値観に関する教育によるバッシングの起こりやすさ」があるということです。

つまり、日本人のバッシング好きの原因が「①地理的・人種的な環境によるもの」と「②価値観教育の環境によるもの」に分けられるのだとしたら、「さるかに合戦」のような話を小さいときから何度も何度も学ぶようなことは、後者の役割を果たしている、と言えるだろう、と。

もちろん、②というのは①があるからこそ発生するのですが、おとぎ話という形で定型になってしまっている以上は、①と分けてしまって考えられるだろう、という意味です。

結論としては、「日本人の行動に強い影響を与えているのは、アメコミでもハリウッド映画でもなくて、やっぱりさるかに合戦じゃないの??」と言いたかっただけです。

と、さるかに合戦を十数年ぶりに読んで思いました。皆さんはどう考えますか?
   雑談    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

Nexus5の故障&MIYABI購入

先日、昨年6月から愛用していたスマートフォン、Nexus5が故障しました。
故障といっても液晶が割れたとか水濡れだとかではなく、突然再起動ループが始まって使用できなくなったという状況です。もともとFactory Imageを焼いて使っていたので、改めてROMを焼きなおせば直るのではと期待もしたのですが、努力も空しく(?)立派な文鎮と化してしまいました。

そこで、ひと月半ほど前からウォッチしていた、FREETELのMIYABIという機種を購入することに。19,800円(税込)という低価格ながら、RAM2GB, ROM32GB, HD解像度, デュアルSIM対応, SDXC対応, おまけにいわゆるプラチナバンド対応というなかなかのやり手です。

IMG_0093.jpg

Nexus5という、簡潔に説明するならば「iPhoneや他のAndroidのフラッグシップモデルのように高価でもない割にはかなり高性能な機種」から、いわゆる「格安スマホのミドルレンジ製品」に乗り換えたわけですから、まあ使用感やなんかは色々と妥協しないといけないのかなあ、と思っていたのですが、そこは良い意味で裏切られたと言っても良いと思います。

特に動作がもっさりしているということはありませんし、発熱・バッテリーの持ち具合・タッチパネルの特性・通知領域のアクセシビリティなどなども特に問題ありません。
一つ気になることを指摘するなら、ゆっくりとスクロールしたときに画面がかくつくように見えるところです。(文章で説明するのが難しいですね… 一回一回の縦方向の移動の粒度が荒いということなんですが…)
まあ普通に使っている分には気にならないような症状なので問題なしです。

液晶画面についても、Nexus5のFullHD解像度に使い慣れていても、特に差は感じません。そもそも200dpiやら300dpiやらのレベルでピクセル密度の違いを体感するには、まず視力が良くないといけませんが、あいにく小数点第二位の世界にいますし…。

ふつうにみてわかる通り、きれいですよ。
IMG_0094_R151016.jpg

IMG_0094 - コピー

バッテリーの持ちはこんな具合です。だいたい1時間に10分使うか使わないか程度のライトな使用方法ですが、この通り丸一日は持っています。
Screenshot_2015-10-15-23-22-33.pngScreenshot_2015-10-15-00-09-47.png
Screenshot_2015-10-14-00-12-56.pngScreenshot_2015-10-13-00-31-17.png

Nexus5の電池持ちはいまいちで(これは結構有名な話なようですね)、電池交換をしてもほとんど改善されず不満でしたが、その点、今回の機種変更は満足の行く結果になりました。

ちなみに電池パックは(公式に)取り外し可能なので、オプション品としての販売があればパカッとあけて交換できます。

とりあえず2年くらいは持ちこたえてほしいですね。その頃ならNexus6もお値打ちになってることでしょうし。
   雑談    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

グループウェアに必要な機能?

お久しぶりです。

近ごろ、新たなグループウェアの開発を始めました。
といっても、6年前から開発しているあるグループウェアと、1年半前に単発で開発した別の(とてもシンプルな)グループウェアを統合するようなものです。

これまで色々と弄ってきたなかで、PCでもモバイル端末でも使いやすい画面はどんなものか、どうすればDB操作を効率化できるのか、設定画面のようなワンパターンな要素をどう再利用できるようにするか、使いやすいアニメーションとはどんなものかと、色々とポイントがわかってきました。今のとろ既存のフレームワークは特に使わずに作っていますが、その分コードの資産というものもできてきて、一つのフレームワークを作れそうな感じでもあります。

最近新たに取り組んだものとしては、WebSocketを用いたリアルタイム通信がありますが、これも使い慣れるとなかなか面白いものです。これまでサーバに負荷をかけまいと諦めたきたような動作を実現できるので、制作の幅が大きく広がります。
自分で会話のプロトコルを定義して、サーバのコードまでかかないといけないのは少し手間ですが、手間をかけるだけの価値がある技術だと思います。(ちなみにWSサーバの基幹部分だけはフレームワークとしてMojoliciousを使っています。)

今困っているのは「元に戻す」という操作をどう実装するかということと、各項目のバージョン管理システムを「ユーザにわかりやすいように」どう作るかというところです。アルゴリズムというか、どう設計するかというところで悩んでおります。

さて、ところで、グループウェアに必要な機能って何なんでしょうかね。

ポータル画面、スケジュール管理、掲示板、チャット、メール、文書管理、アップローダ、ToDoリスト、備品管理、帳簿管理…などなどはどのグループウェアにもだいたいありますが、視点を変えて、「そのグループウェアにしかない機能」というのを探してみると、あまりないように思えます。必要な機能はだいたい同じですからだいたい同じになるんですかね…?
せっかく作るなら一味違うものを作りたいとは思うのですが、何を差別化したら良いのかはよくわかりません。

独自機能として深められそうなものとしては、何が議論ができるような機能…か、自由に図形や文字が置けるお絵かきボード的機能とか、他のログイン中のメンバーがどこにいるのかゲーム風に表示できる機能とか…あたりだと思っているのですが、
実用性があるのかよくわからないところでもあります。いずれも実装としては割と単純なものなんですが。

「こんな機能あったら面白いんじゃないか!」というか「こんな機能あるなら使うよ!」というコメントなどあれば、ぜひ一言お願いしたいところであります。

近ごろ夏っぽくなってきたと思ったら、夜はまだまだひえますね。
それではまたそのうち。
   雑談    TB(0)    CM(1)    EDIT    ページ↑

『なんとなく』の感覚からの語学

突然ですが、この写真。
英BBCのDoctor Whoというドラマのワンシーンですが、
141129.jpg
THE DAY OF THE DOCTOR 2013 BBC

どんな場面に見えますか?

表情からして、何か詠嘆しているように見えると思います。
たとえば、「休みが取れたら旅行に行きたいなぁ」とか、「なんて美しい絵なんだろう…」とか、「こんなに美しい絵を人生で二度も三度も見られるだろうか。」とか、そんな感じでしょう。文法的には、それぞれ「仮定法」「感嘆文」「修辞疑問文・反語」などと呼ばれるものです。

実際、このシーンのセリフは、

I could be a curator. I'd be great at curating.
[...]
I could retire and be the curator of this place.


日本語では、

館長になれたらなあ。僕ならきっと立派に務められることだろう。
(中略)
引退したら、ここの館長になりたいなあ。

というような感じです。若干意訳ですが。つまりこのシーンは仮定法(願望や想像を表現する文法)を使っているシーンですね。

ストーリーの詳細はともかく(この後に本当に館長になった未来の主人公と、↑の主人公が会話するシーンが続きます)、
何が言いたいかというと。

人間というのは不思議なもので、言葉や文化が違っても、感情表現の仕方は似るものです。
英語の知識があまりなくても、冒頭の写真を見れば、何かを夢見ているような、あるいは感動しているような、感じが伝わってくるのではないでしょうか。

外国語の学習においては、もちろん文法的な分類も重要です。しかし、もともと言葉や言語というものは、コミュニケーションの道具なのですから、このように「この人はどんなことを言っているのだろう」と想像するだけでも、文化の壁を越えて理解できるものがあるはずです。

そうした感覚を語学の入口(アプローチ)として用い、「じゃあ具体的にはどう表現すれば良いんだ?」という疑問を解決できるように学習することで、学習に対する抵抗感が減る(あるいはモチベーションが向上する)ということにもつながると思います。

---

昨日今日あたり、各地で初雪が観測されています。気温も急激に低下していますから、体調を崩さないように気を付けましょう。あと風呂場で脳梗塞になるやつも気を付けましょうね。
   雑談    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

ピーナッツバター

今週の月曜、ピーナッツバターをつくってみました。(といっても、姉が材料を用意したところに参加しただけですが…)

手順は、①落花生を煎る、②殻をむく、③ミキサーにかける、④裏ごしをする、⑤バターと砂糖を混ぜる、という感じです。
今回は砂糖に加え、はちみつも入れてみました。

作ってみて改めてわかりましたが、ピーナッツバターというのは、ピーナッツを加工したというよりは、バターを加工したという感じなんですよね。今更ですが、あまり量を塗ると生活習慣病まっしぐらという感じがしました。市販のものにどのくらいバター(そもそもバターかマーガリンかという問題も)が入っているんでしょうかね。

パンに載せると↓の画像のような感じです。風味はピーナッツバター、食感はきな粉、という不思議な料理ではありました。明らかにペースト状になっていますよね。市販品はねりあめが入っている分、粘り気がつくのでしょうか。

IMG_20141103_180513.jpg

話題は変わって、
ブログの更新が滞ると、広告がずいぶんとにぎやかになりますね。上にも下にも広告というのはやりすぎなような…。
また何かあれば更新します。
   雑談    TB(0)    CM(0)    EDIT    ページ↑

プロフィール

JDB Luigi

Author:JDB Luigi
どこにでもいるようなありふれた人間・・・という訳でもなく、かと言って怪しい宗教を信仰する変人という訳でも無い。

基本的に掲載しているコード等は煮ていただいても焼いていただいても結構ですが、利用は自己責任にてお願いいします。
また、バグ・アドバイス等もしあればよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。